水土里ネット 水土里ネット徳島 徳島土地改良事業団体連合会
HOME<空> 本会の紹介 事業内容 所在地 お問い合わせ
   






eコミマップ
水土里ネットとは
次世代ネットワーク
多面的機能支払
21世紀創造運動
関連サイト
非補助農業基盤整備資金のご案内
eコミマップ
疏水名鑑
阿波ナビ
阿波のあるでよネット
阿波おどり会館
 

 農 業用水水源地域の保全
 
〜山が水をつくり、水が米をつくり、米が山をつくる〜
水 土里ネット徳島は平成19年度から良質な農業用水の安定的な供給のためと、京都議定書森林吸収目標達成に向けて森林整備を推進していくための普及促進対策に取り組んでいます。
具体的には次のようなことに取り組みます。

    @ 施設案内の看板の作成設置
    A パンフレットや事例集の作成・イベントでの広報活動
    B 体験学習会の実施
    C シンポジウムや研修会の開催

手入れされた森林のもつはたらきとは?
  @ 土砂災害防止 A 水源のかん養
  B 洪水防止 C Co2を吸収する
 
 
植生による浸透能の違い 森林と裸地の流出土砂量の違い
森は、私たちを災害から守ってくれます。
森林は、落葉樹などの堆積物や土壌生物が多くすむ表土が速やかに地中に浸透させる働きがあります。
 
森林     2トン{年/ha}
耕地    15トン{年/ha}
裸地   307トン{年/ha}

森林内は、落葉落枝やかん木、草などによって地表が覆われているため、降雨などによる土壌の浸透 がおさえられています。

 

 
 
平成21年度の活動実績
 
シンポジウム、イベント等
 
  1.山と木と緑のフェア 
平成21年10月24日〜25日
 ●ブースを出し、県民全体へPR
 ●アンケートの実施(記念品贈呈)
 ●ドングリのオブジェ作りの自由参加
  2.地域材利用と拡大・森林の必要性PR 
平成21年11月1日
 ●ブースを出し、県民全体へPR
 ●アンケートの実施(記念品贈呈)
 ●木工教室・丸太切り競争の自由参加
  3.シンポジウム 
平成21年11月29日
  ●農業用水のための森林整備の必要性に
   ついてのパネル展示
  ●「ふるさとの田んぼと水と森林」の子ども
   絵画の展示
  ●アンケートの実施(記念品贈呈
  4.木の伐採と搬出技術実演会
平成22年2月7日
  ●サラリーマン林業家を対象に「正しい伐採
   の仕方」や「木の搬出方法」などの基本的
   な技術体験
  ●アンケートの実施(記念品贈呈)
 
体験学習
 
  1.赤松・日わら小学校林業体験学習
 ●地元の小学生を対象に植林体験や森林学習会を行うことによって森林や林業の大切さを学んでもらう。
  2.美馬市へき地小学校森林教室
平成21年9月27日
  ●地元の美馬市の小学生を対象に森林散策を行い、森林や環境についての学習会と植林体験。
  3.宍喰小学校林業体験学習会
  ●地元の小学生を対象に植林体験や森林学習会を行うことによって、森林や林業の大切さを学んでもらう。
 
広報 資料等の作成
 
  1.うちわの作成
    阿波踊り、イベント等で配布
2.「徳島の土地改良」掲載
    「徳島の土地改良」に農業用用水水源地域保全対策事業のイベント・体験学習会を掲載
3.案内板による啓発
    間伐材による施設案内板に制作・設置
 
推進 協議会
  1. 農業用水水源地域保全対策事業推進協議会
 
   










(C) 2014 水土里ネット徳島(徳島県土地改良事業団体連合会)